幼児の英語教育は早めがいいの?メリット・デメリットをご紹介!

街を歩いていると、外国の方を見かけることが当たり前になってきました。

日本では英語教育がどんどん盛んになってきています。

英語で遊ぶ幼児

 

ところで、英語教育は、幼児の早い時期から始める方が良いのでしょうか?

早く始めても意味が無かったら嫌ですよね。

そこでここでは、幼児期から英語教育をするメリットとデメリットをご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

幼児期から英語を始めるメリット

まずは、幼児期に英語教育をするメリットです。

発音の聞き取り

英会話

 

まずメリットといって真っ先に思い浮かぶのは、発音ではないでしょうか。

日本人が英語に苦手意識を持つ理由の一つとして、「R」と「L」の発音があります。

大人になってからだと、特にこの2つの発音を聞き分けるのは難しいですよね。

幼児のうちに英語教育を始め、発音に慣れさせておくと自然と聞き分けられるようになるといわれています。

聞き分けられれば、話すこともできるようになります。

幼児期から英語教育を始めるママたちは、発音をしっかりと身につけさせる目的で始める人が多いです。

楽しく遊びながら学べる

中学生や高校生になると英語は勉強の一つとして捉えられてしまいます。

文法や単語の知識はあっても、英語を話す機会はあまりないですよね。

幼児のうちに遊びながら英語を話し、身につけることで苦手意識がなくなるでしょう。

国際化社会、英語は必須

グローバル化

ここ数年、特にSNSの普及で英語が身近なものになりました。

英語は世界共通語のため、英語を話すことができれば世界中の人と話すことができます。

また、英語が身近になったので、世界に目を向ける機会も多くなってきています。

英語ができれば、仕事の幅も広がるので成功するチャンスがぐんと上がりますよね。

年収にも大きく影響してくるかもしれません。

今後ますますグローバル化が進むでしょうし、英語は必須です。

小さいうちから英語に親しむことで、国際化社会で活躍する可能性が広がります。

小さいころから英語の基礎を学べる

小学生や中学生になると英語以外の教科もあって、学ぶことが多いですよね。

英語の勉強に費やせる時間も限られてしまいます。

限られた時間の中で基礎をしっかり身にけるのは難しいくなってくるでしょう。

なので、遊びとして捉えてる小さいうちに基礎を固めておくほうが後々楽です。

 

英語が2020年の全国の小学3年生から必修になることをご存知ですか?
2018年までは小学5、6年生に外国語活動を行っていました。
これを、少しでも英語に触れる機会を早めようと小学3、4年生から始めるということです。
教育現場でも早いうちから英語を学ばせようと、前倒しする傾向がみられます。

幼児期から英語を始めるデメリット

次にデメリットをご紹介します。

お金がかかる

 

幼児から英語教育を始めるには、多少のお金が必要になる場合があります。

テレビやスマホなどで英語を聴くこともできるので、その場合は余計なお金の心配はいらないかもしれません。

ただ、無料で済まそうとすると、中途半端で終わってしまうことも多々あります。

なので、しっかりと学ばせたい時は、英語教材を使った方が効率的です。

その代わり、入会金や月のレッスン料、教材費など家計に負担がかかるといったデメリットもあります。

早めに始めても続くかわからない

幼児のうちから学ばせたいと親が始めたとしても、子どもが嫌がり途中でやめてしまうこともあります。

なので、英語の楽しさをいかに教えてあげられるかがポイントになってきます。

英語が楽しければ、途中でやめてしまうことはありませんよね。

でも、続かなくなってしまった場合のことも考えて、教材を購入するなら、初めから高額の教材を買うのはあまりお勧めできません。

 

日本語と混乱しない?

日本語をしっかり話せる前に、英語の勉強を始めてしまうと日本語と混乱してしまうのではないかという噂もあります。ただ、どうやらこれは、間違っているようです。

脳神経外科の名誉教授が次のように言っています。

なぜなら脳の中にある言語中枢の中で、それぞれの言語を司る部位の多くは異なる場所にあるからです。特に小さい頃から身につけた言葉の>言語回路はそれぞれ独立して構築されます(これを バイリンガル脳 といいます)。そして独立した2つの言語回路が混乱するということは物理的に不可能なのです。
出典:ワールドファミリー広報室ブログ

小さい頃から英語を勉強しても、発達脳科学的には混乱するといった心配は無いようですね。

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしたか?

幼児期の小さいうちから英語を学んだ方が、英語が身につきやすいのは確かです。

ただ、小さいうちから学んでも、継続できないと身につかないのも事実です。

なので、英語が好きになるように、特に小さい時は楽しむことが大切ですね。

最近の英語教材は、楽しく学べるように工夫されているので、できたら活用したいところです。

無駄に高い教材を買う必要はありませんが、早いうちから英語に親しめると良いですね。