中学生のスマホ事情~親が定めるルールとは~

最近では、持っていない人がいないほどスマホが普及しています。

スマートフォンを操作する学生

子供のスマートフォン所持率もアップしていて、特に中学生になるとほとんどの子供が所持しているのではないでしょうか?

ところであなたは、子供がスマホを使う時にルールを設定していますか?

ルールを決めないと、依存症になったりしないか心配ですよね。

ここでは中学生に対象をしぼり、スマートフォンのメリット・デメリットを比較しながら、スマホが子供に与える影響や必要なルールなどをご紹介します。

是非、参考にしてみてください。

スマートフォンのメリット・デメリット

最近は価格も下がり使えるサービスも増え、とても便利になったスマホ!

その半面、社会問題にもなり、時おり新聞をにぎわせることも・・・。

まずはメリット・デメリットを見ていきましょう!

スマホのメリット

まずは、メリットからご紹介します。

スマホで勉強をする中学生

情報を入手しやすい

検索機能で「キーワード」をいれるだけで欲しい情報が出てきます。

最近では音声での検索も可能ですね。とても便利!

友達とのコミュニケーションを保つのに便利

自分の行動を友達にリアルタイムに伝えることができます。

また友達の行動も見れます。

インターネットにアップした情報で友達と盛り上がったり、コミュニケーションをいつでも図れます。

個人勉強などの道具に使える

動画アプリなどで授業を受ける感覚で勉強できます。

1人でも仲間と勉強をすることも・・・・

分からない問題も動画解説があるので理解しながら勉強を進めることができます。

スマートフォンのデメリット

次に、スマホのデメリットです。

ブルーライト対策

ブルーライトが体に与える影響が大きい

スマホから発光されている「ブルーライト」は使用時間や時間帯に気をつけないと人体に影響あります。

睡眠のさまたげになり体内時計の狂う原因の一つにあげられています。

ブルーライトとは、自然界にも存在する光です。青いものが青くみえるのは太陽光にブルーライトが含まれているからです。問題となっているのは、スマホの発達により至近距離で長時間みると体に悪影響をあたえることです。
 

いつでも監視されている気分になる

「既読スルー」におびえてしまったり、すぐ返信をしないと仲間外れになるのではと考えることもあります。

多感な中学生時期はスマホを手放せないなどの現象が出てくることも多々あります。

考える力の低下につながる

検索することで必要な情報がすぐにでてきてしまうので考えることが少なくなります。

考える力が落ちると前後をつなげて物事をみることができなくなってきます。

 スマートフォン使用に必要なこと~ルールを決めよう~

使用時間・使用場所を決める

SNS依存のイメージ

寝る前の使用することを防ぐことやスマホをいつも気にしてしまうようにならないように、子供がスマホを使用してよい時間を決めてあげましょう。

我が家のルールとして決めていけば子供もきちんと守れるようになります。

なぜ時間を決めるのか親として「説明」しながら設定しましょう。

勉強に使う場合はリビングで使わせるなど自由時間と勉強時間の「オン・オフ」をつけます。

夜は体に与える影響を説明し遅くとも9時までの使用にしましょう。

寝る前にスマートフォンを視聴しない

YouTubeなど楽しい配信がたくさんあり、子供たちは見たい気持ちでいっぱい!

ですがちょっとまって?

寝る前にスマホを長時間みるとブルーライトが体に影響を及ぼします。

自律神経が休まらず情緒が不安定になります。

これでは勉強に差し支えるばかりか日常生活に大きく影響してしまいます。

体内時計もくるってきます。

体内時計がくるい始めると朝が起きることができず「不登校」などの原因にもなってきます。

注意すべきことですね!

すぐに返信することをやめる

すぐに返信しない(既読スルー)などが問題になっています。

ですが本来SNSなどは自分の時間を有効に使うように作られたもの。

すぐに返信をしないといけないということはありませんね。

私は中学生の娘のラインのプロフィールに9時までしか使えません!
「返信も遅めです♪よろしくね!」と簡単なルールを最初のうちにのせていました。
スマホの番号を交換する際にも上記のルールを友達に伝えるようにさせていました。
それにより「そうなんだ」と友達は認識してくれていました。以外に簡単ですよ。
        

親がいつでも触れる状態にしておく

スマホトラブルのイメージ

子供にロックキーをかけさせない!

子供のスマホ事情が分からず放置してしまうと、いじめなどの問題に巻き込まれる恐れがあります。

SNSFacebookインスタグラムなどSNS関係を親もしっかり見れる状態にしておきましょう。

中学生は、まだ自己管理が完全ではありません。

親も見れる状態にしておけば、問題の早期発見に繋がります。

かわいい我が子の為にできることはやりましょう!

まとめ

まとめ

便利で楽しいスマホ!今はなくてはならないツールの一つかもしれません。

ですが、使いこなすことはよいのですが「のまれる」ことは危険です。

体にも心にも悪影響を及ぼすこともありますね!

大切な子供たちを守るためにしっかりとルールを決めて使いこなしてくださいね。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。

楽しい”スマホライフ”を送れることを願っています!