子どもが風邪をひきやすいのはなぜ?原因とその対処法!

子どもはよく熱を出して風邪を引きますよね。

風邪をひいている女の子

朝まで元気だったのに、急に熱が出た!ということがよくあります。

今回は、なぜ子どもが風邪を引きやすいのか、その原因と対処法についてみていきたいと思います。

 

子どもが風邪を引きやすいのはなぜ?

さて、子どもが風邪を引きやすい原因についてです。

子どもが風邪を引かないように、親は寝るときや出かけるときは暖かい恰好をさせますよね。

それなのになぜ風邪を引くのか。原因を探ってみましょう!

汗をかきやすい

汗をかく子供

子どもは大人と比べて、ものすごく代謝がいいので、汗をかきやすいです。

外でちょっと遊んだら汗びちょびちょで帰ってくることがあります。

その汗をそのままにしておくと、風邪を引く原因につながります。

 

汗をかいたら、上着を脱いで涼しい恰好しますよね。

でもそれはNGです!

 

涼しい恰好をして汗が引くのを待っていたら、かえって体が冷えて風邪を引きやすくなります。

対処法としては、汗をかいたら、タオルで拭いたりシャワーを浴びるなど、体を冷やさないようにしましょう。

 

また、体が冷えると思って暖かい格好させて寝かせるときがあります。

それはもちろんいいことですが、気温によっては寝ている間にすごい汗をかくことがあります。

寝るときは、その時の気温に合った服装と布団で寝かせてあげましょう。

 

  • 真夏は布団ではなくタオルケットをかけて寝る
  • 冬の寒い日には、布団+毛布をかけて寝る

 

免疫力が低い

風邪をひいた女の子

子どもは大人より免疫力が低いので、風邪を引いたり、さまざまな感染症にかかったりします。

風邪や感染症のウイルスは子どもが大好きなので、なおさらです。

ウイルスが体内に入ると、白血球がその菌を殺そうと戦います。

過去に一度戦ったことのあるウィルスには抗体ができるので、治りが早くなったり、風邪や感染症にかかりにくくなります。

しかし、子どもにはその抗体がないことが多いので、風邪を引きやすくなります。

余談ですが、いつも同じ薬を飲んでいると、だんだん効き目がなくなってくるのは抗体ができるからです。

 

白血球が戦うのは風邪や感染症のウィルスだけではありません。

薬などの異物とも戦うので、抗体ができるのです。

薬の抗体ができると、その薬の効き目を感じにくくなります。

子どもは大人になるにつれて、いろいろなウィルスや異物の抗体ができるので、免疫力が高くなっていきます。

予防接種

対処法として1番有効なのは、予防接種を受けることです。

また、風邪が流行する季節に外出する際は、マスクを着用するように心がけましょう。

子どもにとって大人用のマスクは大きくて意味がないので、子ども用の、サイズがあったマスクをつけさせてあげましょう。

部屋の空気が乾燥している

大人でも風邪ひく要因となる部屋の乾燥。

子どもにとっても部屋の乾燥は大敵です。

部屋が乾燥すると、のどに痛みが生じたり、咳がでたりします。

 

部屋の乾燥を防ぐ対策方法としては、加湿器を部屋に設置することです。

加湿器は多少のコストが発生するので、加湿器以外で部屋の乾燥対策をご紹介します。

 

部屋にコップ一杯のお水をいくつか置く

部屋の四隅など、いくつか置くことで、部屋の乾燥を防ぐことができます。

子どもの点届かないところにおいてくださいね。

しかし、これは狭い小さな部屋でのみ有効ですよ。

コップに花を一輪刺すことで部屋がオシャレになりますね。

 

部屋に霧吹きで水をかける

霧吹きを活用しましょう。

霧吹きだと、直接的に部屋を潤わせるので、即効性もあり効果的です。

部屋全体に霧吹きをすることもできるので、広い部屋でも実行できます。

実際に、我が家でも霧吹きを使いはじめてから、子供の咳が減ったような気がします。

注意点は、部屋が水浸しにならない程度に、空中に向かってかけることです。

霧吹きはとっても便利で効果的なので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

水分補給が足りてない

水を飲む子供

人間の80%といわれているほど、人間にとって水分はとても大切です。

のどが乾燥すると、乾いた咳が出るようになり、それが原因でのどに炎症が起きます。

日頃から水分を摂って、のどを潤わせておくことが大切なんですね。

 

ちなみに、水分は水でもいいのですが、ミネラルが含まれた麦茶がおすすめです。

ジュースやカルピスは糖分が高く、虫歯の原因にもなるため、こまめにとる水分としてはおすすめしません。

また、冷たい飲み物はお腹の冷えにつながります。

冷たすぎないものを飲みましょう。

 

外出先ではストロー付きの、子ども向けの水筒を持たせるといいですよ!

お出かけも楽しくなります。

一番の風邪予防は日頃の手洗いうがい!

手を洗う女の子

さて、いろいろ紹介してきましたが、一番有効な風邪対策はやっぱり手洗いうがいです。

手洗いうがいをしていても、やり方が間違っている場合があります。

 

正しい手洗いうがいの方法はこちらです。

  • ぬるま湯で手を濡らす。
  • 手のひらで石鹸を泡立てる。
  • 手のひら→手の甲→指の間→爪の間→手首の順番で洗う。
  • ぬるま湯で流す。

お湯が熱いと手が乾燥し、水が冷たいと手がかじかんだり、ばい菌が落ちにくかったりします。

なので、ぬるま湯で洗うことをおすすめします。

 

まとめ

まとめ

今回は、子どもが風邪を引きやすい原因と対策についてご紹介してきました。

まとめると

  • 汗をかきやすいので厚着注意!
  • 免疫力が低いので外出先ではマスク着用!
  • 部屋が乾燥するとのどを痛めるので、加湿をする。
  • 水分補給をしっかり!
  • 手洗いうがいを日頃から心がける。

風邪予防は常日頃が大切です。

手洗いうがいは、親が意識し始めて、子どもが自分からすすんでできるようになるといいですね。