サッカー?テニス?子供の習い事についてのメリットデメリットを紹介!

子供が大きくなると、周りの友達が習い事を始めたという話をよく耳にします。

そんな話を聞くと、「うちの子もそろそろ…」と考えますよね。

運動靴とボール

 

しかし、いざ習い事と言ってもたくさんの種類があります。

「まずは人気のあるスポーツ教室を見てみたけれど、どれがうちの子に合っているんだろう?」

と感じたことはありませんか?

 

そこで今回は、特に人気のあるサッカーとテニスのメリット・デメリットを詳しく比較します。

これを読めば、子供に合った習い事が見つかるヒントになること間違いなしです!

サッカーの場合

近年の世界大会の影響で、サッカーはとても人気のあるスポーツですよね!

そんなサッカー人気の秘密について見ていきましょう。

サッカーをプレイする男子

仲間がいる

サッカーのメリットは、何より団体競技であることです。

団体競技は、一人でプレーをすることはできません。

サッカーでは「仲間」と一緒にプレーをすることで、

「他人とどういう風に接すればいいのか」と

相手の気持ちを考えながらプレーをすることが出来ます。

また、社会勉強にもなります。

そして同じ「仲間」と一緒に過ごすことで、友達も必然的に増えていきますよね。

社交的でたくさんコミュニケーションをとれる子に育てたい!」と思っているあなたには、とてもオススメのスポーツです。

いろんなところで活躍できる

サッカーは学校のお昼休みや休み時間、体育の授業などでよくプレーされています。

その時にサッカーを習っていれば、活躍することが出来ます。

男の子の場合は、サッカーをしているだけでモテる印象がつきますよね!

そういった所も、サッカーを習うメリットになります。

また、試合は11人で行いますが、二人でボール蹴りや一人でもリフティングの練習ができます。

スペースさえあれば、親子で楽しめるとっておきのスポーツです。

サッカーのデメリット

仲間が増えることや、いろんなところで活躍できるサッカーですが、デメリットももちろんあります。

それは、団体競技では補欠の可能性が出てくるという点です。

テニスなどの個人競技だと、試合に出るのは子供自身なので必ず試合には出れますが、サッカーの場合そういう風にはいきませんよね。

試合に出れる保証は個人競技と違い、必ずではありません。

そのほかにもプレーで失敗して、試合に負けた場合に「自分のせいなのではないか」と、自分を責めてしまう場合があります。

泣いている男の子

そういった点が気になるようであれば、個人競技を検討してみても良いかもしれません。

もちろん、そこから生まれる「悔しさ」は子供にとっても良い勉強になるので悪いことばかりではありませんよ!

テニスの場合

近年日本人選手の活躍で、とても人気に拍車がかかっているスポーツです。

そんなテニスにはどんなメリットとデメリットがあるのか見ていきましょう!

テニスラケットとボール

試合に出場できる

試合に必ず出場できるというのは個人競技の最大のメリットですよね。

団体競技とは異なり、自分一人が行うスポーツなので試合に出場することができます。

また、一人で試合に出るので「緊張感」を学べることもテニスの良いところです。

勝負所での緊張感に少しでも幼いころから慣れることで、さまざまな場面で役に立つでしょう。

「勝負強い子供に育ってほしい!」と思っている方にはテニスがおすすめです。

その他にも、テニスは個人競技なので子供それぞれの成長やレベルに合わせて練習ができます!

子供のペースで練習を行うことが出来るので、団体競技のサッカーには無いテニスのメリットです。

運動能力が向上する

テニスは総合的な運動能力を向上するスポーツとして知られています。

「走る」「跳ぶ」「投げる」「打つ」といった運動に欠かせない4要素がすべて含まれているスポーツとして有名です。

相手にボールを打ち返すときに必要な「瞬発力」「腕力」、ラリーを続けるための「持久力」など、テニスはプレーをする上でさまざまな運動能力が必要となってきます。

テニスをすることで、これらの運動能力が向上しますよね。

「とにかく子供の運動能力を上げたい!」と思っている方に、テニスは最適なスポーツです。

喜ぶ男の子

テニスのデメリット

そんな良いところがたくさんあるテニスですが、もちろんデメリットもあります。

サッカーなどの団体競技に比べ、費用がかかります。

ラケット代やシューズ代に加え、コートを借りて練習をするのでコートの貸出代もかかります。

自分の子供にテニスをさせている親御さんで、多くの方が「とにかくお金がかかる!」と頭を抱えているのが現状です。

もちろんサッカーもその他の競技も出費は避けられないデメリットにはなりますが、テニスはその中でも特に出費が多くなってしまいがちです。

また、練習場所が少ないこともデメリットの一つです。

ボールを打つための広いコートが必要となってきますので、気軽にプレーができませんよね。

もちろん、近くにコートがあれば問題ありません!

出費が多いことや練習場所が少ないといった欠点があるテニスですが、良い点もたくさんあるので子供の習い事に一つに考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サッカーもテニスもそれぞれの良さがありますよね!

子供によって性格などが異なってきますので、その子に合ったスポーツを楽しんでもらうことが理想です。

是非あなたもお子様と一度話し合ってみてはどうでしょうか?