3ステップで簡単保管!子供の写真を整理しよう

お子さんが産まれるとついつい写真を撮る機会が増えてしまいますよね。

思い出 一眼レフ

昔と違い、デジカメやスマホで簡単に写真が撮れる現代。

撮ることばかりを意識して、撮った写真はそのままのご家庭も多いのでは。

せっかく撮ったお気に入りの1枚が膨大なデータに埋もれて見つからないのは悲しいですよね。

この記事では、大切な写真データを整理する3つの方法をご紹介します。

少しの手間で、今まで撮りためた写真の保管がグッと楽になるはず。

ぜひご覧ください。

3ステップで写真保管のコツ

数字の1 2 3

早速、どうすれば写真を効率よく整理できるかみていきましょう。

時系列に写真を分ける

まずは、お子さんの写真を月齢ごとに分けてみましょう。

パパとママのスマホそれぞれに必要ななデータが入っている場合は、一箇所に集めてから作業するのがコツです。

0か月、1か月、2か月・・・。お食い初めや誕生日等のイベントはまた別で分けるのも良いと思います。

数千枚の中から1枚1枚選別するのは大変で途方もない作業です。

根気のいる作業であることは間違いないですが、早めにやっておけばこの後の作業がグッと楽になりますよ。

データで保管する

データで保存する場合のメリットは、大量の写真を保管出来ること。

種類分けも簡単に出来ます。

月齢やイベント毎に写真データを分けたら、適切なタイトルを付けたフォルダに保存しておいてください。

気をつけることは、スマホやパソコンの場合は容量が限られるという事です。

特にスマホは、写真や動画のほかアプリのダウンロードなどであっという間に保存容量が少なくなってしまいます。

パソコンも容量は無制限ではありません。

そして、データはちょっとしたミスなどで簡単に消えてしまうことも忘れてはいけません。

データのみで保管する場合は、スマホやパソコンの容量を確認すること、必ずハードディスクなどにバックアップをとることを忘れないでくださいね。

アルバムにする

思い出の写真

データ整理が終わり、バックアップも出来たら、紙媒体のアルバムを作成しましょう。

先に月齢やイベント毎にフォルダ分けしているので、各フォルダから何枚ずつ印刷するのか決めてしまえば簡単にアルバム用写真をピックアップすることができます。

笑っている表情、顔を真っ赤にして泣いている表情、どれも宝物ですね。

いろんな表情を選んだら、あとは印刷するだけ。

場所は取りますが、アルバムなら見たいと思ったときにすぐに見ることができます。

家族みんなでアルバムを囲んで思い出話をするのも楽しいですね。

お子さんの人数が多い方はごちゃ混ぜにならないように、1人ずつアルバムの色分けなどをして区別してあげるといいかもしれませんね。

アルバム専用の本棚等を用意して、少しずつ貯まっていく思い出を目で見て実感することで幸福感を得られるかもしれません。

また、ただ綴るのではなくて、写真の大きさやレイアウトにこだわりたいならフォトブックがオススメです。

大手の写真館で取り扱っているほか、格安で注文できるインターネットサイトもあるようです。

フォトブックのメリットは、本体のサイズやレイアウトを自由に決められること。

一方で、写真をどんどん綴るアルバムは差し替えや追加、一枚だけ取り出すなどが簡単に出来ます。

フォトブックよりは安価に作成出来ることもポイントです。

ご家庭に合わせて最適な印刷方法を選んでみてくださいね。

惜しくも選ばれなかった写真データは削除します。
でも、思い出が詰まっていて消せないショットもありますよね。
そんな場合はスクリーンショットを撮り、A4用紙に印刷をしてみてはいかがでしょうか?
写真の様な仕上がりにはならないかもしれませんが、これならコストを抑えた上で全ての写真を紙媒体にすることができます。

写真を分類するアプリを活用する

スマートフォンを操作する女の子

先述しましたが、データ保存にもアルバム保存にもつきものなのが写真の分類です。

地道にコツコツとご自身で分類できる方は良いのですが、それすらも面倒・・・という方に朗報です。

写真を月別に分類してくれるアプリがあるのです。

  • Googleフォト
  • おもいでばこ

Googleフォトはスマホアプリです。スマホ内の写真を時系列に並べ替えてくれるので、探している写真を見つけるのが容易です。

また、人物を特定してアルバムを作ってくれたり、自身で写真を選んでアルバムを作ることもできます。

データが圧縮される場合があります。気になる方は事前に確認してから利用してください。

おもいでばこは、スマホやデジカメ、ビデオカメラや任天堂DSで撮った写真まで保存できます。

専用機を購入すれば、必要な物はテレビだけ。

カレンダー形式で写真を整理してくれるのでコチラも便利です。

まとめ

まとめ

今回は写真を保管する方法をお伝えしました。

まとめると、

  • 時系列に分ける
  • データで保管する
  • アルバムにする

の3ステップです。

お子さんの写真は放っておけば容量を占領してしまいます。

後で後でと引きのばせばその分写真が上乗せに・・・。

スマホの容量がお子さんの写真で埋まる前に、ご家庭にあった方法で整理してみてはいかがでしょうか?