七五三、何するか決まってる?現代のお祝い方法とは!

七五三といえば、着物を着て近隣の神社に参拝し祝詞(のりと)をあげていただく、というのが昔ながらのイメージですよね。

 

赤い鳥居と七五三の女の子

最近では、形式にこだわらず家族に合った七五三のスタイルがあるのをご存知ですか?

せっかくのお祝いですから、子ども本人にも家族にも負担なく楽しく過ごせるよう計画したいですよね。

ここでは、いつ、どこで、どうやってお祝いするのか、最近の七五三事情をご紹介します。

自分たちに合ったお祝い方法を見つけるヒントになるはずです。

ぜひ最後までご覧ください。

いつお祝いするのか

七五三

七五三の時期と年齢についてみてみましょう。

七五三の期間は決まっているの?

七五三の日は11月15日です。

この日に決まった根拠は諸説あり、はっきりとはわかりません。

実際は、10月中旬から11月末ごろの週末に行かれるご家庭が多いですね。

しかし、混雑を避けたい、子供の行事と重なるなどの理由で、12月初旬に行くケースも増えています。

必ずその日に行かなくてはならないと決められてるものではないです。

家族の予定が合う日を最優先に考えていいようです。

暑さが和らぐ10月中旬から12月初旬までの2カ月間がお参りには適した時期です。

数え年か満年齢かどっちで行けばいいの?

日本では長く「新年になるとひとつ歳を取る」とされていたので数え年で参詣するものとされていました。

でも、そうではなくなった現代では、満年齢でもどちらでもよいとなっています。

きれいな着物や髪飾りでおめかしをした我が子を見るのは、親にとってうれしいものですね。

ですが、子供はというと

  • 慣れない格好に疲れてしまった
  • ご祈祷の最中に騒いでしまった
  • 恥ずかしがって、写真撮影を嫌がった

など、いつもとは違う雰囲気にぐずってしまうことも。

主役の子供がつまらなそうにしていては、せっかくのお祝いムードも台無しです。

同じ年齢でも、お子さんによって成長度合いは異なります。

  • 着物を着るには小さすぎる
  • 兄弟と一緒にお祝いしたい
  • 小学生になる前に済ませておきたい

など、家族の都合のよいタイミングでお祝いしましょう。

どこでお祝いしますか?

大神神社

お祝いの場所はどこがいいのか見てみましょう。

神社やお寺にお参りする

 

お宮参りと同じ神社やお寺などに参拝する場合が多いですね。

ここまで無事成長したことに感謝し、この先の健康を祈ります。

有名な神社などは、どうしても混雑します。

ご祈祷の予約は早めにとりましょう。

子供は、慣れない着物と草履に疲れてしまいがち。

長くは歩けないので

  • 帰りは靴にする
  • 写真の時だけ草履にする

など、対策を立てておきましょう。

着物姿の写真は前撮りか後撮りにして、お参りは洋装で身軽にいくのもおすすめです。

祝詞(のりと)とは

祝詞は神さまへの感謝の気持ちを神主さんを通してささげる言葉です。

神社に参拝したら、祝詞をあげていただくのが一般的です。

祝詞をあげていただくなら

  • 七五三ならではの厳かなご祈祷の雰囲気
  • 子供が少し緊張気味に座っているほほえましい光景

を経験できます。

お参りだけで祝詞はしないなら

  • 自分たちのペースで気負わずにお参りできる
  • 待ち時間がなく、子供にも負担が少ない

というメリットがあります。

あるいは、神社に参拝しないという選択肢もあるようです。

必ずこうしなければならないというルールはありません。

どんな風にお祝いしたいか、家族で相談してはいかがでしょうか。

お祝いは何をする?

七五三 千歳飴

もともとは、七五三の儀式がお祝いでした。

現在は、記念撮影や食事会などがセットになることが多いようです。

記念撮影

写真スタジオで、和装や洋装など数種類の衣装を着て撮影するのが主流になっています。

参拝の前後に撮影するプランがたくさん出ていますね。

貸し切りタイプのスタジオや、出張カメラマンをお願いすることもできます。

着物もドレスもたくさんの種類から選べますし、お宮参りの晴れ着を着ることもできます。

また、パパとママも着物を着て家族写真を撮ると華やかで、特別な思い出になりますね。

食事会

参拝のあとに、祖父母や親戚を招いて食事をするという方も多いようです。

レストランやホテルを予約して会食、自宅で出前やケータリングを頼むというのもあります。

子供の成長の報告と日ごろの感謝を伝える場として、セッティングすると喜ばれるでしょう。

堅苦しいものではなく、いつもの外食と同じ店に行ってもいいですね。

むしろ、子供はその方が喜ぶなんてこともあり得ます。

昔の写真を見返したり、子供の成長を感じる機会にしてみてはいかがでしょう?

7歳を過ぎたらイベントはないの?

子供 フォーマル

最近では、1/2成人式というのも知られるようになりました。

また、地域によっては、13歳で行う十三詣りもあります。

10歳を過ぎれば、子育てもひと段落します。

子供も体格や考え方など、ぐんと大人へ成長していく時期です。

人生の節目の思い出に、親から子供へ手紙を書いたり、お互いに記念品を贈りあったりするのもいいですね。

まとめ

まとめ

形式にこだわらず、家族に合った方法でお祝いするのが、現代の七五三といえます。

どんな形でも、子供の成長を身近な人たちと喜び合えれば、素敵な思い出が出来上がります。

親が子供の成長と健康を祈る思いは、いつの時代も変わらないものですね。

無事に育ってくれたことへの感謝を表す良い機会にしましょう。