子どもの虫歯予防~家族で取り組みたい3つのポイントとは!

気づいたら子どもの歯が虫歯になっていた・・・。

患者から見た歯科医と歯科衛生士

そんな思いをしたくないと親なら誰もが思います。

虫歯は、口の中に住み着いた虫歯菌(ミュータンス菌)が、糖分を栄養にして歯を溶かしていくことから起こります。

では、口の中から虫歯菌と糖分をなくせば解決するのでしょうか?

実は、子どもの虫歯予防には生活習慣が影響しているんです。

子どもに痛い思いをさせないためにも、虫歯はゼロにしたいですよね。

今回は子どもの虫歯予防方法についてお伝えします。

悪習慣を改善して、家族全員で健康な歯を保ちましょう。

ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

なぜ虫歯は怖いの?

早速、虫歯菌と虫歯の影響についてみてみましょう。

虫歯がゼロの話

実は、生まれたての赤ちゃんの歯には虫歯菌がいないんです!

離乳食を食べる赤ちゃん(笑顔)

虫歯菌は、乳歯が生え始めるころから3歳くらいまでに、主に一緒にいるお母さんから移ると言われています。

逆に言えば、3歳までに虫歯菌が子供の口の中に棲みつかなければ、将来虫歯になる可能性が低くなります。

虫歯菌は口移しや食器の共有をすることで移りやすくなります。

おじいちゃんおばあちゃんは箸やスプーンを一緒に使いがちなのではないでしょうか。

言いづらいかもしれませんが、子供の歯を守るためにみんなに教えてあげてくださいね。

子どもの虫歯の影響

早い時期に虫歯で乳歯がなくなると、すきまがあいて永久歯が正しい場所に出ることができず、歯並びに影響が出てしまいます。

乳歯のすぐ下には永久歯が生え変わる準備をしています。

永久歯がどんどん育ってくると乳歯の根っこが吸収されて短くなり、正しく生える場所に永久歯を誘導する働きがあります。

虫歯が出来てしまうとこの働きができなくなり、歯並びが悪くなってしまうのです

また、虫歯がひどくなると、根っこの周りに膿がたまります。

そうすると歯の色が部分的にくすんだり、質の弱い歯になってしまいます

「どうせ生え変わるから」と乳歯の虫歯を軽く見ると大変なことになります!

家族で取り組む予防方法

晴れた公園で手をつなぎジャンプする三世帯家族

子どもだけで生活習慣を変えるのは難しいものです。

子どもの虫歯予防には、家族全員で取り組む必要があります。

規則正しい生活

よい生活リズムを身に付けることが、虫歯予防はもちろん、生涯健康な生活の基礎になるのでとても大事です。

特に虫歯予防に関して言えば、生活リズムを整え食事の時間を決めることで、だらだら食べを防ぐことができます。

だらだら食べとは、時間を決めずに常に何か食べ物を口に入れている状態。

口の中が虫歯菌の活動しやすい環境になってしまう上、食べかすが邪魔で、歯を強くする再石灰化のチャンスも逃してしまうのです。

アメやガムなど長い時間口に入れる甘いおやつは、子どもには控えた方が良いでしょう。

また寝る前の飲食は避け、夜9時までに寝る習慣をつけてあげるととってもいいですよ。

家族の定期的な歯科受診

歯ブラシを選ぶ子供の手

虫歯菌を移す可能性を少しでも減らすために、お母さんだけではなく家族全員で定期的に歯医者に行きましょう。

そして虫歯があるのならお子さんのためにも治療をしましょう。

効果的なブラッシング方法を教えてもらうのも予防には効果的です。

虫歯がなくても、定期的に受診することで歯の掃除をしてもらうことも出来ます。

茶渋等を取ってもらうと見ためがキレイになってスッキリしますよ。

また、お子さんにも虫歯になる前に受診させてあげましょう。

「歯医者は痛い場所」と言うイメージを持つ前に受診した経験があると、予防や治療の際の通院が楽になります。

食後の歯磨き

仕上げ磨きはとっても大事です。

少し大きくなった小学生でも仕上げ磨きをしてあげて下さいね。

また、キシリトールを習慣的に取り入れてもらうとも予防にはとっても効果的です。

キシリトールは天然の甘味料の一つで、虫歯菌の活動を抑える働きや、歯の再石灰化を促す効果があります。

みんなで食後にキシリトールのガムやタブレットを楽しむ習慣を持つのもいいですね。

もし今お母さんが妊婦さんなら

マタニティフォト

妊娠中のお母さんは、つわりでちょこちょこ食べ物をつまんだり、歯磨きをすると吐き気がしたりとなかなか口の中の環境を良好に保てないものです。

少し体調が落ち着いたら、お腹が大きくなる前に歯医者さんを受診しておきましょう。

出産後はしばらく歯医者さんに行く機会を捻出するのが難しくなると思います。

ぜひ、虫歯を治療するだけでなく、虫歯を予防する磨き方も教わって来てくださいね。

歯科では「マイナス1歳からはじめるむし歯予防」を推奨しているところもあります。

妊娠したら、お母さん自ら虫歯予防を実践していくことが大切です。

乳歯の芽(歯胚)は妊娠6〜7週目頃に作られ始めます。つまり、妊娠が分かる頃には乳歯の芽は形成されているのです。妊娠を希望する方は、普段から食生活に気をつける必要があります。

まとめ

まとめ

まとめると、子供の虫歯予防には

  • 規則正しい生活
  • 家族の定期的な歯科受診
  • 食後の歯磨き

の3点が大切なことが分かりました。

家族全員で虫歯菌を減らせるよう、日頃からこの3点に取り組んでいきたいですね。

みなさんが毎日ぴかぴかの歯で過ごせると嬉しいです。