子どものピアノはいつから?最適な習い始める時期についてとその理由

習わせたい習いごとランキングで、毎年上位にランクインしているピアノ。

 

ピアノを弾く女の子

 

子どもにピアノを習わせるのが夢だった!なんてパパママも多いと思います。

でも、ピアノっていつから通い始められるのでしょうか?

  • 早ければ早いほうが良い?
  • いきなりピアノを弾き始められるの?
  • 早すぎ、遅すぎってあるの?

そんなパパママの疑問に答えます。

かくいう筆者も実は小さい頃からピアノを習い始め、中学生まで続けた1人。

今回はそんな私の体験談も踏まえながらまとめていきたいと思います。

年齢の目安とその理由

結論からお話します。

ピアノを習い始めるのは、ズバリ、3歳~6歳が適齢だと思われます。

その理由は下記の通りです。

 

ピアノを弾く幼児

心と身体の成長に合わせて

習い事を始めるにあたって、心と身体の準備が整うのがおおよそ3歳頃からです。

早く始めたほうが良いと思われるかもしれませんが、お子さんの準備が整っていないうちから唐突に始めても、なかなか身につきません。まずは成長の様子を見ながら、焦らず始めていきましょう。

詳しい成長目安を後述していますので、ぜひお子さんのチェックをしてみてくださいね。

絶対音感をつけられるタイムリミット

絶対音感とは、物音や人の声など、音を全て音階で言い表すことが出来る力です。この力をつけることが出来るリミットは、耳の力が完成する6歳~7歳頃まで。

絶対音感を備えると、楽器演奏や音楽にはもちろん有利に働きますし、耳が良くなるため外国語の習得が早くなるとも言われています。

習いごとに通う習慣づけ

小さい頃から習いごとに通う習慣がついてると、お子さんもスムーズに続けられますよね。小学校高学年ごろから突然通い始めるとなれば、慣れない場所や先生に、お子さんも抵抗を感じてしまうかもしれません。

習いごとは早すぎても意味の無いものになってしまいますので、3歳~6歳頃からが適齢と思われます。

成長の目安とその理由

ピアノを習い始める目安として、年齢ももちろんですが、お子さんの心と身体の成長が目安になります。

まずはセルフチェックしてみましょう♪

大人のお話の内容が理解できる

せっかくピアノを習いに行っても、先生のお話を聞くことが出来なければあまり意味がありません。

ある程度大人のお話の内容を理解することが出来て、ピアノを習いに行っている、という自覚が必要です。

音楽が好き・興味を持っている

ピアノの大前提に、音楽に興味があるかどうかも大切な習い始めの判断基準となります。

子どもが一番成長できるのは、自分が好きなことや興味があることに熱中している時だからです。

筆者がピアノを習い始めたきっかけも、音楽でノリノリになる私を見て、母が決断したようです。そのおかげで、絶対音感が身につき、音楽が誰にも負けない強みとして、自信になりました。私自身が音楽が好きだったからこそ、どんどん成長できたのです。

「音楽が好き」ということは、習い初めのポイントになります。

 

ピアノを弾く男の子

イスに座って作業することが出来る

ピアノはイスに座って弾きますよね。そのためイスに座って作業が出来るだけの身体の成長が必要です。

長時間は難しくても、10分~20分程度、座ってご飯を食べたり、お絵かきをしたり出来るかどうかも判断の基準といえるでしょう。

ボタンやスイッチを押す指の力がある

言わずもがな、ピアノは鍵盤を指で押して音を鳴らします。意外にもこの鍵盤は、小さいお子さんにとっては大きく、重たく感じられるものです。

また、ピアノは打楽器に分類されているだけあって、押す力も、ある程度強くなければ音が鳴りません。

エレベーターのボタンを押す、電気のスイッチを付けられる、程度の指の力が必要です。

外出先でママから離れて遊ぶことが出来る

せっかく音楽大好きでも、人見知りや場所見知り激しい場合、なかなかレッスンを受けることが出来ません。筆者はまさにこのタイプで、母親は大変だったようです。

ただ、この場合は、通うにつれて慣れてくることが期待できます。年齢と相談しながら根気強く通い続けてみるのも一つの方法かもしれません。

無理強いしてしまうと、お子さんが苦手意識を持ってしまうことがあるので、様子を見ながら無理なく通わせたいですね。

早く始めたいときはリトミックや音楽教室から♪

リトミック

 

成長の目安をチェックしてみたけど、ピアノを始めるにはまだ早いのかも・・・。でも少しでも早く始めたい!!という方は、リトミックや音楽教室から通い始めることをオススメします。

長く楽しくピアノを続けていくためには、まずは音楽を好きになってもらうことがとても大切です。

リトミックや音楽教室では、遊ぶ感覚でリズムや歌、楽器と触れ合うことが出来ます。初めて習い事に通うお子さんにも無理なく始められ、いきなりピアノを始めるよりもグッとハードルが下がります。

まずは音楽を楽しむことから初めてみても良いかもしれませんね♪

ピアノを習うことのメリット

ピアノの発表会

これは完全に体験談になりますが、筆者は3歳からリトミック、4歳からピアノを始めて中学3年生まで習いました。自分でピアノを習ってみて、メリットだったと感じることをまとめてみました。

  • 絶対音感、相対音感が備わった。
  • ピアノ、音楽が誰にも負けない強みとして、自信になる。
  • 学校の音楽の授業で困らなかった。
  • 英語の発音が得意で、スピーチコンテストで入賞したこともあった。
  • 子どもが見ているテレビ番組の歌をすぐに覚えて歌ってあげられる。
  • ダンスもすぐに覚えられる。
  • 歌も得意で人前で歌うことに躊躇いが無い。(会社の新人のとき特に助かりました)

以上です。細かく言えばもっともっとたくさんありますが、大まかにあげるとするならばこのくらいです。

若い頃に音楽活動をしていた主人には、「こんなに音楽に関して耳が良い人は初めて」と言われるくらいですから、備わった力は間違いないのだと思います。

習っていた頃は辛いと感じることもありましたが、今ではピアノを習っていてとても良かったと思っています♪

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

お子さんの成長に合わせて、ベストなタイミングで習い始められると良いですね。

いつかお子さんがピアノをスラスラと弾く姿が見られますように・・・・。